PRIMA BLOG

PRIMANET STAFF BLOG

    2019/10/25

    お節料理は飽きたという人に、フライパンで手軽に作れるタリアータ!

    • KJ
    • KJ
    • ブログ

    クリスマスが終わり街中があっという間にお正月モードに突入しました!

    近所のスーパーへ行くとこれだけの量が本当に売り切れるのか!?というほどの「かまぼこ」や「伊達巻」が大量に積み上げられ、さらに、大晦日には年越しそばや海老天の山が現れます。

    そして元旦を迎え正月には欠かせない「お節料理」で一杯やるという日本伝統のスタイルで一年が始まるわけですね。

    しかし

    「もうお節料理は飽きた!」

    「お節料理はワインに合わない!」

    と思っている人も多いのではないでしょうか?

    そんな方に自宅のフライパンでお手軽に作れる「タリアータ」という料理をご紹介します。

    写真はクリスマスに作った「タリアータ」です! 「タリアータ」とはイタリア語で「薄く切った」という意味だそうで、見た目通り調理した牛肉を薄く切り野菜を盛り付けたシンプルな料理です。

    ではレシピをご紹介します。

    材料

    • 牛ももブロック肉(今回は約500g)
    • ルッコラ
    • にんにく
    • オリーブオイル
    • こしょう
    • バルサミコソース
    • トマトなど好きな野菜

    作り方

    牛ももブロック肉を室温で数時間放置して常温に戻します。今回は冬なので4時間にしました。

    フォークなどで肉に穴をあけ塩こしょうを満遍なくふりラップでくるみ、更に30分放置します。この間にルッコラや野菜を洗い盛り付けの材料を用意しておきます。

    フライパンにオリーブオイルを多めに入れてスライスしたにニンニクを炒めます。焦げすぎると苦くなるので注意してください。うっすらキツネ色になったらニンニンを取り出し、オリーブオイルはとっておきます。

    肉を焼いていきます。1面1分焼いたら次の面というように合計10分~12分くらい中火でゆっくり焼いていきます。

    火加減はこんな感じ。

    するとこんな感じに焦げ目がついて表面が固くなります。

    アルミホイルで2重にくるみ約30分放置します。

    アルミホイルから取り出して肉を薄く切っていきます。

    盛り付けたら出来上がりです。

    今回は市販のバルサミコソースをつかいましたが、バルサミコ酢とワインなどを煮詰めても作る方法もあります。

    ということで、フライパンで手軽に作れる「タリアータ」をご紹介しました。焼き加減などは使っているオーブンで変わってくると思いますが、何度か作っているうちに一番良い火加減が決まってくると思います。生だと心配という方は最初長めに焼いたほうが良いかもしれません。

    毎年お正月はお節料理で飽きてしまった!お正月もワインで乾杯したいという方、興味のある方はぜひお正月に作って見てください。

      goto top