PRIMA BLOG

PRIMANET STAFF BLOG

    2019/11/28

    【ジャンル別】ネタに困ったら使う必殺技!

    • APK
    • APK
    • ブログ

    こんにちは。活字が好きでよく小説を読んでいるAPKです。

    最近気になっている小説は十二国記の最新作です。早く読みたくて購入したのですが、先に買った本が読み終わらないので読み始めるのはまだまだ先になりそうです。

    そんな私が学生時代に専攻していた小説科では、必ずと言っていいほど訪れる「何にも浮かばない!」と頭を抱える時期。

    酷い人は呪文のような言葉を呟きながら必死で手を動かしていました。(私は良い子だったので学校では目をつぶってネタを考え、家で書き上げていました)

    今回はネタがなくて困っている方のために、私が学んだジャンル別で必殺技をご紹介したいと思います。

    私が学んだジャンルは

    • 小説
    • シナリオ(ラジオ・ドラマ)
    • 漫画原作
    • コラム記事

    です。さっそくいってみましょう!

    ジャンル①小説のネタがない時

    趣味で小説を書いている方や、執筆に挑戦した事がある方なら分かるかもしれませんが、最後のオチは決まっているけど中間あたりの話(起承転結の承あたり)が中々浮かばないという悩み。

    承が上手くいけば話がまとまるのに、肝心の承が浮かばない。これは先に転や結をガチガチに決めている方にありがちだと思います。

    文章は長くなるのに話が進まず、終いには「このシーンを入れなくても後の話に繋がるよね?」とばっさりカットなんてことも。(この時の編集者はものすごくいい笑顔です)

    そんな時に小説を書く人間としてすべきことは「とにかく最後まで書ききる事」です!
    何を言われようがとにかく結まで書く決意を持って書き上げ、最後に内容を見返してばっさりカットすれば良いのです!

    その際にカットしすぎて原稿の規定枚数に達しなかった時は頑張れとしか言えません。私は一切の責任を負えませんのであしからず。

    私は転・結が先に浮かぶタイプなのですが、逆に転・結が浮かばない!と嘆いている人もいらっしゃるかもしれません。

    そういった場合は、主人公や周りの人間を好き勝手に動かしていると物語が自然に進んでくれます。

    ただし、勇者が冒険する物語で村人に話しかけるだけで話が終わるなどはアウトです。物語が村の中でしか進みません。(そういう物語が目標であれば別ですが・・・)

    キャラブレもよくある事です。主人公の性格が物語中盤でいきなり消極的になったり、逆に大暴れを始めたりなんてします。

    これは転・結に向けての帳尻合わせが多いですが、普通は急に人格が変わるなんて事はほぼないです。

    例えばファンタジーで主人公に特殊な力が手に入って、困っている人を助けたストーリーを作ったとしましょう。

    承でどうしてそうなったか過程を見せないと、主人公に都合よく特殊な力が入り、その力が偶然主人公に合っていて、ちょうど困っている人が現れて助けたという作者のご都合に合わせた設定が生えてきます。

    ここまでくると感動も何もないですよね。そうならないようにする為にも、どうして人格や考え方が変わったのか、その経緯を承でしっかり見せていくことが大事です。

    そもそもネタが浮かばないんだよ!とお怒りの方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におすすめの必殺技をご紹介します!

    名付けて単語5連発!

    頭に浮かんだ単語5つを使って小説を書くという方法です。これは初心者でも簡単にできる方法だと思います。

    例えば「うに」「猫」「天ぷら」「桜」「味噌汁」「駅」という関連性のない単語を5つ挙げ、そこからストーリーを考えます。

    単語をそのまま使用するのもいいですし、単語から連想されるもの(猫なら動物とか)に置き換えてもOKです。

    長編ならそこから世界観など細かく考えますが、ここで長編を書くとあまりにも長いので今回はショートショートを書いてみました。

     私が改札を出てあてもなく道を歩いていると、いい匂いがしてきた。その匂いを辿ってみると美味しそうな丼物の料理店に着いた。どうやら匂いの元はそのお店にある天丼と味噌汁の匂いだったみたいだ。
     私はその匂いにつられるようにお店の中に入った。私は天丼を食べたかったが、店長におすすめを聞いたらうに丼とやらが美味しいらしい。 私はしばらく天丼と迷ったがうに丼を注文した。しばらくするとうに丼と味噌汁が私の元へやってきた。
     手を合わせてからさっそく箸でうにを口へ運ぶと、口の中でとろけるような感触と後からほのかに香る磯の香りがした。その味はこの世のどのご飯よりも美味しく感じた。
     いつものランチよりも少しお高めの金額を払ってほっこりした顔で外へ出ると、道路にいた黒猫と目が合った。黒猫は不吉の象徴と言われているらしいので、私は少し緊張しながら路地を急いで出た。路地を出ると桜の木があった。
     もう5月だというのに、未だ眠ったままの桜の木を見つめて私はがっかりした。

    駅はそこから連想される「改札」に変えてショートショートを作ってみました。色んなダメ出しが飛びそうですが、小説編はこれくらいにしておきます。

    ジャンル②シナリオの難しさが深刻すぎる

    シナリオのネタが浮かばないというのは本当に深刻なもので、私も学生時代に相当シナリオに手こずりました。

    というのも小説と違い主人公の心情を書いたりすることはなく、目に見えている情景(声がした方へ振り向くとか)が浮かばないとストーリーが見えてこないものなんです。

    そういう時の必殺技は、舞台など生のお芝居を見に行くといいかもしれません。自分の目をカメラだと思って人の動きや感情をどう見せるか、そこが腕の見せ所だと思います。

    あと気をつける所といえば、キャラクターの口調でしょうか。シナリオで口調が一回でも狂ってしまうと、もう誰が誰だか分かりません。

    最初方言で喋っていた主人公が途中から急に標準語で話し始めたら「別人か!?」となってしまいますよね。そうならない為にも、面倒くさがらずにキャラクターの設定をきっちり固める事が重要になります。

    「このキャラクターはこういう時はこうする!」というイメージを積み重ねていくとそのキャラクターに命が入ります。

    そして自分の考えたシナリオに放り込み、キャラクターとシナリオの間に生まれる矛盾をキャラクターの「こういう時はこうする!」という行動に合わせて修正すると、矛盾のないシナリオが出来ます。

    シナリオは私も苦手なので、じゃんじゃん次に進みます!

    ジャンル③誰得か分からない漫画原作のネタに困った時

    この記事を読んでいる方で、困っているので見に来ました!という方はいないのではないかという心配はありますが一応記します。

    そもそも漫画原作をご存知でしょうか。
    シナリオと少し似ているのですが、簡単に言うと漫画の1コマ1コマを言葉で表現したものです。

    例えば少女漫画でよくある食パンを咥えた少女が「遅刻遅刻~!」と言いながらイケメンにぶつかるシーンがあるとしましょう。

    漫画原作で書くとこんな感じです。

    □朝(7時ごろ)
     少女の家の近く・曲がり角
     ジャムを塗ったパンを咥えている少女。
     少女が走っている。
     少女の家付近の曲がり角・少女とは違う方向
     イケメン、下を向いてスマートフォンをいじっている。
     少女「遅刻遅刻~!」
     少女とイケメンがぶつかる。

    このようにそのシーンの時間や場所、セリフを誰が言っているかなど全て言葉で表現します。その後に漫画家との打ち合わせで服装や世界観など細かい設定まで決めます。

    過去に一度だけ友人と2人で合作漫画を制作した事があるのですが、その時はものすっごく大変でした。

    最初は別々で漫画を描く予定だったのですが、私の絵があまりにも下手すぎて綺麗なビルに棒人間が突き刺さっているという不思議なシーンが出来ました。

    (本当は主人公が高層ビルの中から外を見つめる絵を描きたかったのに、気づいたら刺さっていました)

    これは合作にしないとやばいという話になり、私が漫画原作を書いて打ち合わせをし、キャラクターの服装や場所を決めました。その漫画は現在実家にありますが、いつ親にばれるかヒヤヒヤしながら毎回隠し場所を変えています。

    肝心の漫画原作のネタに困った時の必殺技ですが、一番王道なのは昔話のパロディーですかね!

    ただし昔話だとその時代の服装や口調、制度など知らないといけない事が沢山あります。ネットの知識だけでなく文献などを活用しながらしっかり舞台背景を勉強しましょう。

    ジャンル④型に縛られないコラム記事

    この記事を読んでいる方でコラム記事を書いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

    コラム記事は授業でも5回しかやっていないのであまり自信はないですが、必殺技は「とにかく調べまくる。お題のものを実際に五感で体験する」の1択だと思っています。

    前半は商品のイメージを書いて最後で商品の紹介をしっかりする方法、誰よりも詳しくなって正しい事を書きつつおすすめを紹介する方法など、書き方は結構自由だと思います。

    (余談ですが、知らないものを自分の主観だけ書くのであればエッセイ、ブログというジャンルになります)

    コラム記事でその商品のどこが好きか熱弁しているのに肝心な所を濁していると「実は知らないんじゃないの!?」とか「にわか!」と怒られてしまいます。(私はにわか大歓迎です)

    私が学生時代に天気予報のお題でコラム記事を書いた時は “気象予報に興味がないから「猫が顔を洗うと雨が降る」や「燕が低く飛ぶと曇り」は本当か観察してみた”という記事を書きました。

    すると当たり前ですが、先生から「観察するのではなく調べてから書きましょう」と指摘されました。観察するだけならエッセイというジャンルになるそうです。

    後日調べて再提出したら、今度は「写真をください」と新たにコメントがありました。次の日に近所の猫が顔を洗っている姿や鳥(何の鳥か分かりません)の写真を先生に渡しました。

    先生から「そういう事じゃない」と言われたのですが、写真返却してもらっていません。おそらく先生の懐に入ったのだと思っています。

    結局何の写真が欲しかったのか未だに分かっていませんが、成績は悪くなかったので放置しています。

    いかがでしたか。

    今回は長~い記事になってしまいましたが、ジャンル別のネタがなくて困った時の必殺技を書き記してみました。この記事が誰かのお役に立てたら幸いです。

      goto top