PRIMA BLOG

PRIMANET STAFF BLOG

    2019/11/14

    企業ブログで失敗する理由|コツを押さえて効率よく集客しよう

    • にっちゃん
    • にっちゃん
    • ブログ

    こんにちは、8/7から8/18の夏休みを取ろうとしているにっちゃんです。

    まさかの12連休という、令和のGW越えの休みを手に入れたので、僕の勝ちです。盆休み終わって帰ってきたら、僕の席なくなってそうですけどね( ・∇・)

    まぁ僕の話はこの辺りにしておいて、今回は「企業ブログ」というテーマで少しお話ししていこうと思います。

    プリマネットで制作しているWEBサイトのほとんどが、「WordPress」という専門知識がなくても簡単に自分でサイトを更新出来るシステムを組み込んでいます。

    企業のPRにも使える企業ブログですが、使い方を間違えると「労力の割に結果が出ない」ということにもなりかねません。

    これから企業ブログを始めようと考えている担当者の方、すでに実践しているけど中々結果が出なくて苦戦している担当の方は必見ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

    企業ブログが失敗する理由【超簡単です】

    企業ブログが失敗する理由は、超絶簡単です。それは「その内容を誰も必要としていない」からです。

    そもそも企業ブログで掲載している内容を見るには、「SNS(Twitterなど)」「検索エンジン(Google検索など)」で調べた場合がほとんどです。※もちろん例外もあります。

    調べるということは、検索をしている人が「能動的」に動いたということになります。自らの時間を使って調べ事をしているため、無駄に時間を使いたくはないはず。

    必要な情報だけを求めている時に、「武勇伝を語るだけの内容のブログ」が出てきたら、見た人はどう思うでしょうか?

    「そんな情報いらんわ!!」ってなると思います。このような状況が企業ブログでも起こっているのです。

    社内報告だけの企業ブログはオワコンです

    ちょっとキツいタイトルを付けましたが、ブログを社内報告としてしようしている場合は、見てもらえる可能性は極めて低いです。

    社内報告は言わば、「会社の日記」的な存在になる場合が多いです。上場していて誰もが知っているような会社ならいざ知らず、中小企業でそのようなブログ運営をしていると失敗します。

    社内報告はブログで公開するのではなく、「お知らせ」というキャッチで簡潔にまとめて掲載する方が良いです。

    社内報告なんて長々と書いても、読む人少ないですからね(゚∀゚)

    内輪ネタばかり掲載している

    先ほどに社内報告と少し似ていますが、「内輪ネタ」ばかり掲載しているブログもまた失敗します。

    例えば担当者が「渋谷にオープンしたお店でケーキ食べてきました」みたいな内容の記事。絶対だめとは言いませんが、この内容のブログでサイトのアクセスが増えるかと言われると、それは微妙です…

    芸能人レベルで有名な人がそのブログを書いたのであればそれでもアクセスは取れますが、そうでないのならあまり効果的ではありません。

    自社製品や広告のPRばかりしている

    自社製品や広告の宣伝の内容しかないブログも、失敗する原因となります。

    商品宣伝のみのブログを見たお客さんがどのように感じるかを考えてみましょう。「なんだ商品の押し売りか。。。」ってなると思います。

    もちろん商品宣伝をしないと商品は売れないし、認知してもらうことも出来ません。なので商品宣伝が悪いとは言いませんが、度が過ぎるとお客さんは離れてしまいます。

    ここの引き際を上手に見極めて運用していくことが大切です。

    無料ブログサービスで運営している

    これはあまり多くはありませんが、たまに「無料ブログ」で企業ブログを運営している場合があります。社員人数がとても少ない会社など。

    無料ブログは、あくまでも「無料ブログを運営している会社のもの」であるため、自社の所有物になりません。

    そのため、運営の判断一つで「ブログが消されてしまった」なんてこともあり得るのです。

    ブログはこまめに更新して、社員同様に育てていくものです。その努力と時間が無駄にならないように、ブログ作りを行いましょう。

    プリマネットで制作したホームページやブログは、所有権がお客様になる形で納品させていただいております。詳しくはこちらの記事をご覧ください→HP外注に潜む意外な落とし穴。そのHP本当にあなたのものですか?

    自社に関係のない内容ばかり書いている

    当たり前過ぎるので省こうかなと思っていましたが、一応書いておきますね。

    例えば、飲料メーカーが車の内容の記事を更新しても、誰も読んではくれませんよね。そんな感じです。やめてくださいね( ・∇・)

    自社のアピールし過ぎてもダメ、関係ないことを書いてもダメ、企業ブログの更新は結構大変ですね。。。もうやめちゃいますか!?

    いや「もう少し頑張ってみるぞっ!!」という方は、この先も読んでみてください。やべぇテクニックが書いてあるかもしれません。。。

    もう少し詳細に…

    ここまで企業ブログの失敗理由を説明してきました。ここからは「失敗しないためのするべき対策」について解説していきます。

    出来る限り分かりやすく説明していきますので、もう少しだけお付き合いください(多分…)

    ブログのタイトルに伝えたいワードを入れる

    これが一番大切だと言っても過言ではありません。というのも検索エンジンで表示された時に、一番大きく表示されるのがこの「タイトル」だからです。

    検索エンジンで調べる時には必ず「検索キーワード」を入力します。その検索キーワードとブログのタイトルが一致した時に、検索結果に表示されます。※表示条件は他にもたくさんあります。

    Googleなどの検索エンジンもブログや記事の「タイトル」を読み取って検索結果に反映させようとします。

    そのため、タイトルに「伝えたいキーワード」が入っていないと、中々人目に触れません。タイトル決める時は、気をつけましょう(´ω`)

    ブログの文章も分かりやすく書く

    タイトルに適切なキーワードも入れた、検索結果に表示もされた。しかし肝心のブログ内容が分かりにくい状態だと、せっかく見に来てくれたお客さんを逃すことになります。

    「だから~」とか「または~」、「つまり~」など内容を省略し過ぎると、読んでいるお客さんも訳が分からなくなります。

    ブログを書いている本人は理解できていても、読んでいる人が理解できているとは限りません。常に読み手の立場になって文章を組み立てていくように心がけましょう。

    もう少し具体的に書きたいのですが、長くなりそうなので別記事にまとめておきます。いつになるかは分かりませんけどね。。。笑

    SNSも組み合わせて運用する

    最近はSNSアカウントを持つ企業も増えており、SNSでもブログ更新のお知らせをしていることも多いです。うちもしてます♪( ´θ`)

    ブログへの入り口は多い方が、お客さんが見に来てくれる可能性も上がるので、SNS運用も合わせて行いたいですね。

    特にブログは作ったばかりの時は、検索エンジンに認知されていないので、検索結果に表示されにくいです。

    しかしSNSはフォローされている限り、タイムラインにツイートが表示されます。そのため作ったばかりのブログでも見てもらえる可能性があるわけです。しっかりと押さえておきましょう(°▽°)

    ブログをレスポンシブデザインにしておく(スマホ対応)

    これからブログを運営する方もすでにしている方も、ブログは「レスポンシブデザイン」にしておきましょう。

    レスポンシブデザインとは、スマホ対応のデザインのことです。具体的には、スマホの画面に合わせて、「画像」や「文字」の大きさが変化することを言います。

    スマホの普及率は今や8割を超えており、WEBサイトへのアクセスもスマホ経由がかなり多くなっています。

    レスポンシブデザインになっていないと、せっかく訪れたお客さんは帰ってしまいます。こういった取りこぼしを起こさないようにしましょう。

    プリマネットではレスポンシブデザインに対応したWEBサイトを、お求めやすい価格で制作しております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

    お問い合わせフォーム

    ブログ運営に正解はない。継続&改善を続けましょう

    ブログ運営に正解はなく、また答えも一つだけではありません。

    「こうすれば、こうなる」「ああすれば、ああなる」というのは中々ないので、根気よく運営を続けて、改善をいくことが大切なのです。

    特にブログは検索エンジンに評価されるのに時間がかかって時には萎えますが、一緒に頑張りましょう。( ´_ゝ`)

    まとめ

    今回は「企業ブログ」で失敗する理由と、その対策について説明しました。

    もちろんこの記事だけで全てカバー出来るわけではありませんし、対策したからといって必ず結果が出るわけでもありません。

    繰り返しになりますが、ブログ運営は「継続&改善」が大切です。そこをお忘れなく。。。

      goto top