PRIMA BLOG

PRIMANET STAFF BLOG

    2020/05/01

    上司が採用ページを作りたいっぽいので、考えてみた件について

    • にっちゃん
    • にっちゃん
    • ブログ

    こんにちは、にっちゃんです。みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

    僕は相変わらず引きこもってばかりの生活ですが、少し前に社内でこんなことがありました。

    確かにプリマネットのサイトにはリクルートページはない。今はまだ採用の予定はないが、ページぐらいはあっても良いのではないか?

    なので、会社の現場や今後を見据えて、入社してほしい人の特徴などをじっくりと考えてみることにした。

    LINEスタンプの宣伝

    この画面を見て「あぁ、プリモンのLINEスタンプ欲しいなぁ」と思った方もひょっとしたらいるかもしれません。なので一応紹介しておきます。

    買うか買わないかは、あなた次第。

    でも買ってくれたら、プリモンの生みの親のKJが喜びます。

    プリモンLINEスタンプ発売中! | 株式会社プリマネット

    プリマネットはどのような人材を欲しているか

    まず第一として「プリマネットはどのような人材を求めているのか」これを考えていかなければいけません。

    誰でも良いというわけではありません。誰でも良いならプリモンとプリマックスで十分ですから。でもこれは僕自身がほぼ答えを持っています。次の通りです。

    • 上司などにどんどん発言できる人
    • 自分で考えて発案できる人
    • 楽しく面白い人

    ざっくりとこの3つです。

    上司などにどんどん発言できる人

    プリマネットは年功序列を徹底的に破壊していきます。なので「年上の言うことが何でも正しい」という旧石器時代みたいな考え方はしません。

    凝り固まった頭では出てこない発想も、若い社員であれば出てくるかもしれません。

    新しい時代を作るのは老人ではない

    ガンダムのシャアも言ってたように、今の日本は令和であり、昭和も平成もすでに終わっています。

    若手に道を譲り、活躍できる場をどんどん与えていく。これが大切だと僕は思っています。

    会社もどんどん若返っていかないといけません。プリマネットは不老不死です。

    上司も寛容でなくてはならない

    少し話が逸れますが、上司にどんどん発言できる人材を確保するのは、まず社内環境を整えていかなければいけません。

    よくあるのが「どんどん発言してくれ」と言う割には、若手の意見を真っ向から否定する人。これでは人材を確保しても意味がありません。

    プリマネットでは、部下の意見をしっかりと聞くことができるように心がけています。「怒った方がやる気になる?」そんなわけ無いだろう。褒めて褒めて褒めまくります。

    自分で考えて発案できる人

    「自分で考えて発案できる人」これも大切な要因です。というのは、若手社員もいずれは中堅社員、管理職とステップアップしていきます。

    自分が上の立場になった時に「自分で考えられない」のは致命傷です。もし社長だったらどうでしょうか?会社としてやっていけないですよね。

    こうならないために、若いうちから「自分で考える」癖をつけるように心がけることが大切です。プリマネットはそういう環境を整えていきます。

    責任は上司が取ります【多分】

    多分責任は上司が取ります。恐らくは。少なくとも僕は取ると思います。多分、タブン、たぶん…

    楽しく面白い人

    やっぱり楽しくて面白い人がいいです、もちろん様々なタイプの方がおられるので、どれが良い悪いなんて言うつもりは毛頭ありません。

    でも今のプリマネットの雰囲気だと、「楽しく面白い人」の方が仕事はやり易いのではないのかなぁと思います。

    一応企業理念も「楽しく面白く」になってるしね。冗談じゃなく、ほんとにそうなってます。

    会社情報 | 株式会社プリマネット

    面白い人しか面白いものは作れない

    プリマネットは面白いものを求めています。なので面白いものを作れる人が必要です。

    好きでもない仕事を嫌々やっていると、お客さんに必ず見抜かれます。絶対にばれます。お客さんの目は思っている以上に鋭いです。

    自分の仕事を楽しめる人、面白くできる人、そんな人と僕は仕事をしてみたいですね。

    強力なキャッチコピー

    ほとんどのリクルートページにあると言っても過言ではないのが、ページを開いた瞬間に目に飛び込んでくる「キャッチコピー」です。

    これがないと魅力大幅減ですよね。もしかしたらページを閉じられてしまうかもしれません。それぐらいキャッチコピーは重要な要素です。

    • プリマネットは何をしている会社なのか
    • プリマネットに入社したら何ができるのか
    • プリマネットの今後のビジョンは何なのか

    これらが一目で分かるようなキャッチコピーが良いですが、僕はコピーライターではないので、そう簡単には思いつきません。

    なので社内で募集をかけたいと思います。集まったらまた記事にします。

    でも気取り過ぎるキャッチコピーはやだ

    採用ページのキャッチコピーとなるとカッコつけたがるのが世の常ですが、僕はそうしたくはないんです。

    むしろクセが強い人にハマるようなキャッチコピーを作りたいと思ってます。

    コピーライティング経験がある隊長に依頼しようかと考えてます。

    でも採用するかどうかはわかんない

    この記事を書きながらいろいろ考えていますが、実際に採用が行われるかどうかはわかりません。

    リクルートページだけ作って、お蔵入りなんてことも十分あります。

    そう考えるとここまで書いているのがバカみたいですが、「やらないかもしれないから」といって辞めてしまうのはもったいない。

    先のことばかり考えず、今を楽しめるそんな人がいいですね。

      goto top