コーポレートサイトは「primanet.co.jp」に変更になりました。

歌が上手くなりたい人に伝える「歌が上手い」と「カラオケが上手い」の決定的な違い

こんにちは!元地下アイドルで現会社員のAPKです。

APKは昔からよく周りの人から「どうやったら歌が上手くなるか教えて!」と言われ続け、色んな人にアドバイスをしているうちにアドバイスだけは上手くなりました。

そんなAPKが今回紹介するのは歌が上手くなりたいと思う人にありがちな「歌が上手い」という言葉と「カラオケが上手い」という言葉の違いをご紹介します!

もくじ

「歌が上手い」の意味とは

APKが地下アイドル時代に「歌が上手い!」と思える人は、ぶっちゃけいませんでした。

というのも本当の意味で「歌が上手い」という事を理解していなかったからだと私は思っています。

「歌が上手い」というのはビブラートが綺麗だとか子供のように透き通った声だとかそういったことは全く関係ありません。

いかに歌詞や音楽に感情が込められるか、自分の伝えたい言葉をメロディーに乗せられるかということなのです。

分かりやすく言えば、どの曲をカバーしても自分の歌に出来るかどうか、ということです。

誰かがカバーしている曲を聴くと、「歌が上手い」人は本家と本当に同じ曲を歌っているのかな?と疑問になるくらい自分の言葉で歌を届けています。

逆に本家になろうとしているのか、それとも本家を尊敬しているのかは分からないですが、本家と同じ調子で歌っているのを聴くと何のためにカバーしたのか分からないですよね。

カバー曲で「本家の方が良い」と言われてしまうのは、本家と同じ調子で歌おうとして実力や経験値の差で負けてしまうからです。

逆に「本家も好きだけどこっちも好き」と言われる理由は、単に本家が下手だからという事ではなくカバーする人がいかにその曲を自分のものに出来ているかといった点にあります。

APKが地下アイドルをしていた時は誰かのカバー曲を歌った経験しかないですが、いつも歌詞の意味を知ることや自分の中に歌詞を落とし込めるかということを気にしていました。

「カラオケが上手い」の意味とは

「カラオケが上手い」というのは、簡単に言うとカラオケの点数が高いという意味です。

カラオケの採点は練習してテクニックを身につければ誰でも高得点を狙えます。

カラオケの採点は音程が合っている、ビブラートが出来ているか、サビの盛り上がるところでちゃんと声を出せるかなどの項目で機械が点数をつけます。

つまり機械が好きな(聴きやすい)歌い方をすれば良いのです!

まとめると、

歌が上手い=自分の感情や歌詞に込められた意味を自分なりに理解しながら歌うため、癖が強い人が多い。カラオケで点数が取りにくいが記憶には残りやすい。自分に酔いしれすぎると周りに引かれてしまうので注意が必要。

カラオケが上手い=採点の機械の好きな(点数が取りやすい)歌い方をする。サビでは声を張って強調したり、伸ばすところはビブラートをかけて歌うため、「この人は上手だなあー」くらいで終わってしまう。カラオケの点数は高いが、人の記憶に残るかはその人の歌次第。

カラオケが上手いから歌は下手、歌が上手いからカラオケが下手ということはありません。実際にカラオケも上手いけど歌も上手い人はいます。

ただ自分がどちらが上手くなりたいかによって練習する内容が違うため、自分が本当はどういう意味で歌が上手くなりたいのか見失っている方は一度見つめ直すのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。

APKは趣味でも音楽をしているため、友人からこういった相談をされることがあります。

同じような悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェア
もくじ
閉じる