PRIMA BLOG

PRIMANET STAFF BLOG

    2020/05/01

    【2020年版】WordPressでパーマリンクを適切に設定する方法

    • にっちゃん
    • にっちゃん
    • ブログ

    この記事ではWordPressで「パーマリンク」を設定する方法を解説します。

    分かっているようで分かりにくいのがパーマリンク。これからWEBサイトを運営していく方は、ぜひ確認してみてください。

    パーマリンクとは?

    パーマリンクとは簡単に説明すると、ページのURLになります。

    例えばこの記事のURLは、「https://primanet.jp/blog/wordpress-permalink」になっています。

    これの「blog/wordpress-permalink」部分がパーマリンクになります。ドメインより後ろの英数文字という認識でOKです。

    Googleも推奨する理想的なパーマリンクとは?

    理想的なパーマリンクとは、次の通りです。

    • できる限り短くする
    • シンプルにする
    • URLを見るだけでページ内容が分かるようにする
    • 日本語を使わない

    パーマリンクを適切に設定することは、Googleも推奨しているので必ず行うようにしましょう。シンプルな URL 構造を維持する

    できる限り短くシンプルにする

    パーマリンクはできる限り短くシンプルにした方が良いです。

    余計な文字を入れてページのURLを複雑する必要はありません。無駄に長いとコピペして貼り付ける時に不細工です。

    Simple is best です。

    URLを見るだけでページ内容が分かるようにする

    例えば「バナナ」に関する記事を書くのであれば「https://primanet.jp/banana」・「りんご」であれば「https://primanet.jp/apple」とパーマリンクを設定します。

    URLを見るだけで記事の内容が分かるのはGoogleも推奨していますし、仮に読者の方がURLを見た時も分かりやすいです。

    読者ファーストを忘れないようにしましょう。

    日本語を使わない

    日本語URLは使わないようにしましょう。

    日本語URLは他のサイトなどにコピペした時に、自動的にエンコードされて長い英数文字のURLに変更されてしまいます。

    https://primanet.jp/blog/こんにちは

    と設定していても、コピペして貼り付けた時は上記のようにはなりません。

    ‪ https://primanet.jp/blog/%E3%81%…

    日本語でコピペすると上記のようになります。これは途中でカットしているので、本当はもっと長いです。

    パーマリンクを変更する時の注意点

    このパーマリンクの設定は、できるだけサイトを作成した段階で行ってください。

    ある程度記事が増えた時に変更すると、以下のようなデメリットが発生します。

    • SNSのシェア数がリセットされる
    • 検索順位もリセットされる
    • リダイレクト等の設定が必要になる

    SNSのシェア数がリセットされる

    途中でパーマリンクを変更すると、SNSのシェア数が0になります。0になってしまうと、読者が記事を見つけにくくなり、閲覧率が落ちてしまいます。

    1からのスタートになるので、とてももったいないです。

    検索順位もリセットされる

    SNSのシェア数と同じ、検索順位もリセットされてしまいます。

    Googleは各ページをURLで認識しているため、パーマリンクを変更することによって、全く別のページとして認識するようになります。

    また他のサイトからの被リンクも無くなってしまうため、記事の価値が一気に落ちます。元の順位に戻る保障もありません。

    リダイレクト等の設定が必要になる

    パーマリンクを変更すると全く別のページとして扱われるため、それを解決するために「リダイレクト」の設定が必要になります。

    リダイレクトとは簡単に説明すると、古いURLにアクセスしても新しいURLのページにきちんと繋がるようにするやり方です。

    これを行うことによって、Googleも「URLが変わってもページの内容は変わっていない」と判断することができます。

    しかしこれは少し知識がいるので、できることならやらない方がいいです。。。

    パーマリンクの設定方法

    WordPress管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」に進みます。

    パーマリンク設定の画面が表示されます。

    パーマリンクは6つの中から選ぶことができます。

    • 基本
    • 日付と投稿名
    • 月と投稿名
    • 数字ベース
    • 投稿名
    • カスタム構造

    「基本」・「数字ベース」を選択するとパーマリンクは自動生成された数字となります。

    「日付と投稿名」・「月と投稿名」・「投稿名」を選択すると、投稿名の部分だけ任意の文字を選択できます。

    おすすめは「投稿名」もしくは「カスタム構造」です。

    URLに記事の内容と関係のない数字や文字が入ることはGoogleが推奨していません。なので任意の文字を入れることができる「投稿名」・「カスタム構造」を選ぶ方が無難です。

    おすすめのパーマリンク設定

    このサイトのパーマリンクは「カスタム構造」を選んでおり、「category」「postname(投稿名)」にしています。

    この設定にしている理由は、URLを見るだけで記事のカテゴリーと内容が分かるからです。

    この記事であれば「https://primanet.jp/blog/wordpress-permalink」にしており、ブログカテゴリーのWordPressのパーマリンクに関する記事と一目でわかります。

    少しだけ注意

    パーマリンクに「カテゴリー」を入れると、記事カテゴリーを後から変更した時に少し大変です。

    カテゴリーを変更すると記事のパーマリンクが変わってしまい、別ページとして認識されてしまうからです。

    後々カテゴリーを変更する可能性があるのであれば、「カテゴリー」を入れないようにしましょう。

    カスタム構造の設定方法

    「カスタム構造」を選択して「%category%」と「%postname%」を選択します。

    カスタム構造に「%category%」と「%postname%」が入っていることを確認して「変更を保存」をクリックします。

    これでパーマリンクの設定は完了です。

    投稿ページのパーマリンクの設定方法

    投稿ページのパーマリンクは、「文章」の「パーマリンク」から設定することができます。

    パーマリンクは早めに設定しておこう

    パーマリンクはあらかじめ設定しておかないと、後々面倒なことになります。効率良くWEBサイトを運営していくために、目を通しておきましょう。

    WordPressの基本的な使い方については下記の記事で解説していますので、こちらもご覧ください。

    【2020年版】WordPressの使い方を初心者向けに徹底解説 | 株式会社プリマネット

    ちなみにプリマネットにご依頼いただいた場合は、これらの設定は全てこちらで行なっていますので、安心してWEBサイトをご利用いただけます。

    今ならお得なキャンペーンも実施中なので、一度ご覧ください!

      goto top